高感度き裂深さ測定器・マニピュランダム・ 特注仕様で計測検査評価等の機器を設計製作  
 
直流電位差法による「き裂深さ測定」は超音波法より優れている事が明確となりその認知度が高まっております
【超音波法に比べ】
● 測定精度は互角またはそれ以上
● 測定コストが圧倒的優位
● 超音波法の様に資格が必要としない
● 測定困難な狭隘部やコーナー部の測定が可能
● 納入実績として、(財)電力中央研究所、東京電力、中部電力、四国電力、他数社
●高感度き裂深さ測定器 4型 ●高感度き裂深さ測定器 5-S型 ●高感度き裂深さ測定器 6型
き裂深さ測定技術からの副産物として生まれた固有抵抗率測定器は今好評です
●固有抵抗率測定器 4型  
●見分けのつかない異金属の区分け。
●同一金属の均一性の管理。
●焼入れ深さの測定評価。
●溶接ビード部の良否判定評価。
●配管内面の減肉、腐食を、配管外形面からの測定評価が可能。
ペルチェ温度制御装置
病的皮膚細胞 (皮膚がん、イボ、アザ) の根っこ細胞を摂氏零度以下に所定時間間隔で冷却制御するもので、病的細胞部分を死滅させる事を目標としており実用化が近い。
(人体実験に入る所) 皮膚科、整形外科、等で期待が大きい。
零度以下の温度領域は液化窒素でバックアップされる。
腹部温熱装置
腸閉塞で完治しない患者は漢方のお灸治療を受けている。
患者が複数居る治療室内は煙が充満し煙害問題となっている本器は漢方お灸の温度特性に対応し、温度の低/高と時間対温度傾斜を任意設定として、患者の好みに対応できる様にした写真円盤部ヒーターを腹部に乗せて運用される。大好評中 !!
手首用マニピュランダム(トルク計測型猿用)
本装置は、猿の手首に合わせた専用のマニピュランダム。猿の頭を開骸し手首関節の角度位置と角速度を計測しながらテレビゲームを実行させる。その状態で小脳細胞に電極を挿入し電位測定を行うと云う、脳活動研究用ツールです。ゲームによる学習が高度化した後、手首運動をトルクセンサで固定しトルク値によるテレビゲームが実行させる。
手首用マニピュランダム(トルク制御型人用)
本装置は人間の手首に合わせた専用のマニピュランダム。
人の手首関節の角度位置と角速度が計測される。
その計測値に応じた外乱トルクを与える事が出来る様にした装置。角速度が大の時トルクも大の制御を行う。
手首運動方向に対しては外部信号で正逆任意に外乱トルクを与える様にしたもの。その運動中の手首筋電図が計測される事で、被検者の脳の予測制御機能とフィードバック制御機能の観測が行われる。いずれ認知症測定器になる。
 
Copyright(c) 2009 HOYO ELEMEC CO,.LTD.All Rights Reserved